ご利用の流れ

FAQ

お客様の声

取引実績

サポート

お問い合わせ

 テガラ運営サイト
生情報ブログ
HOME > CAE(構造解析)・CFD(流体解析)向けPC
CAE(構造解析)・CFD(流体解析)向けPC 提案事例一覧
テガラがお客様に構成を提案した事例です。 こちらで紹介しているのはあくまで一例であり、ノウハウを活かしたさまざまな仕様のPCを製作できます。ぜひお客様の「こんなPCは製作できないか?」というご要望をお聞かせください。1台から販売いたします。

お問い合わせは右上の「お問い合わせフォーム」 ボタンよりどうぞ。掲載されている事例と全く同じ仕様で製作可能かどうかはお問い合わせください。評価機や試作機のご相談もお気軽に。

お問い合わせからご注文、納品までの流れはご利用の流れをご覧ください。
取引実績お客様の声もご覧いただけましたら幸いです。

※各事例の掲載内容は、提案当時のものとなります。
使用する部材の供給状況によっては現在では提供が難しいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。
また、参考価格は提案当時の「送料込み・税別」の価格です。
そのため、ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、予めご了承ください。


事例追加日:2016/12/23
参考価格:
¥1,311,000-
お客さまからのご相談内容:
予算100万前後で熱流体解析用のマシンを検討している。使用ソフトはANSYS Fluent や、将来的にはParticleworks での使用の可能性もある。データ領域は可能な限り大容量なHDDを希望。できればXeonでTESLA K40を搭載したい。

テガラからのご提案:
ご指定の要件を満たした仕様でのご提案となります。当仕様は、PCI-E x16のスロットをすべて使用することとなりますので、ご注意ください (新規増設は不可となります)。

主な仕様:
Xeon E5-2687w v4 (3.0GHz 12コア) / メモリ64GB ECC REG / システム: SSD 480GB + データ: HDD 10TB / GigabitLAN x2 / NVIDIA Quadro K620 + NVIDIA Tesla K40C Active FAN / ミドルタワー筐体+650W / Windows 7 Professional SP1 64bit / 21型ワイドモニタ
define_r5
cfd_image
特長
icon_win7
icon_xeon
icon_24core
icon_ecc_reg_memory
icon_gpgpu
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2016/09/23
参考価格:
¥952,000-
お客さまからのご相談内容:
予算100万程度で熱流体解析ソルバSTAR-CCM+、MATLAB等を動かすことを主目的とした計算サーバーを検討したい。 CPUはクロックか、並列かどちらを優先するか迷っている。ビデオカードは解析格子1000万弱の解析結果をある程度滑らかに処理できるものを希望。

テガラからのご提案:
CFD解析系のソフトに関しては並列に特化したものがほとんどのため、選択するCPUのコア数の差が少ない場合はクロック重視という選択もありかと思いますが、コア数の差が大きくなる場合はコア数重視が望ましいと考えます。そのため、予算内で出来るだけコア数の多くなる仕様でご提案いたしました。

主な仕様:
Xeon E5-2680v4 (2.40GHz 14コア) x2 (合計28コア) / メモリ 64GB ECC REG / HDD 1TB / GigabitLAN x2 / タワー筐体+850W電源 / Quadro M2000 / OS無し (CentOS 想定)
iw-pl052
cfd_image
特長
icon_centos
icon_xeon
icon_manycore
icon_nearline_hdd
icon_ecc_reg_memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2016/04/15
参考価格:
¥3,362,000-
三次元熱流体シミュレーション用マシンとして、予算取りのたたき台お見積りを提示させていただきました。
具体的には、300万前後の構成を2台 (税抜合計700万以内)のお見積りです。物理コア数は合計36コア、メモリ容量は512GBと、できるだけ多く搭載し、OSはRedHat Enterprise Linux WSとしております。さらに8TBの大容量HDDをRAID10で構築し、スペアを持たせた構成としております。電源ユニットは冗長構成となります。

現時点でビデオカードの性能は重視しないとのことでしたが、必要に応じてビデオカードの変更は可能です。

主な仕様:
Xeon E5-2699v3 (2.30Hz(TB 3.6GHz) 18コア) x2 / メモリ512GB (ECC LR-DIMM) / 8TB S-ATA HDD x6 (RAID10 / 2台スペア設定) / HD6450 / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー筐体 + 1200W リダンダント電源 / RHEL Workstation Standard 1-2sockets Up to 1guest 3year
745TQ-R1200B
cfd_image
特長
icon_redhat
icon_xeon
icon_manycore
icon_raid10
icon_redundant_ps
icon_mass memory
お問い合わせ
事例追加日:2016/02
参考価格:
お問い合わせ
提案事例
418GTS-R3200B
tesla_k80
特長
「現在、GPGPUを用いた特定のソフトウェア(解析ソフト)を汎用のPC複数台で分散処理しているが、高速演算装置1台にまとめたい。ソフトウェアの限界までCPU&GPUを搭載希望。」とのお問い合わせをいただきご提案した事例です。

ご利用のソフトウェアについて動作要件をメーカーと調整し、16GPU動作OKの確認が取れたため、Tesla K80(2GPU)を8枚搭載する構成でのお見積りとしました。消費電力の関係上、電源の供給は200V-240Vで4本必要です。なおストレージ増設の場合は2.5"スロットでの対応となります。
お問い合わせ
事例追加日:2015/12/08
参考価格:
¥485,000-
お客さまからのご相談内容:
予算50万程度でFLAC3Dを利用した3次元動的構造解析を想定している。システムディスクはアクセススピードをできるだけ高速にしたい(PCI-E接続のSSDを希望)。その他、CPUクーラーは水冷、ビデオにはQuadroの搭載が望ましい。

テガラからのご提案:
システムディスクにPCI-E接続の高速SSD、データ用に1TB HDDを搭載しております。基本的に、ご要望頂いたスペックはすべて満たしつつ、CPUに関しては FLAC3D メーカーサイト を参考に、6コアをベースにてご提案させていただきました。

主な仕様:
Xeon E5-1650v3 (3.50GHz 6コア) / メモリ32GB / 400GB SSD PCI-E / 1TB HDD SATA / GigabitLAN x2 / Quadro K2200 / ミドルタワー筐体 850W / 簡易水冷ユニット / Windows 7 Professional 64bit
Define_r51
flac3d_3636
特長
icon_win7
icon_xeon
icon_6core
icon_watercooler
icon_ssd
お問い合わせ
事例No. PC-3523
事例追加日:2015/10/14
参考価格:
¥217,000-
お客さまからのご相談内容:
CAEソフトウェアを用いて有限要素法による構造解析を行うためのPC。予算20万で最適なものを。メモリは32GB程度希望。 以前、TEGATAR Proベースで20万のカスタムをしてもらったが、現行版で見積もりが欲しい。

テガラからのご提案:
2015年10月時点のTEGATAR Proをベースとしております。ご予算内でメモリ32GBを確保しつつ、クロックを重視したCPUを選定しております。また、ビデオカードはソフトウェア側で動作確認が取れているQuadroを搭載しています。

現在TEGSTAR Proにて超高速SSD「SM951」を選択可能です!

主な仕様:
Core i7-6700K (4.00GHz 4コア) / メモリ32GB / HDD 1TB / GigabitLAN / Quadro K620 / ミニタワー筐体 + 400W / Windows 8.1 Professional 64bit
Z616B
cae_image4
特長
icon_win81
icon_corei7
icon_4core
お問い合わせ
事例追加日:2013/12/20
参考価格:
¥301,000-
「PHOENICSという熱解析ソフトによる解析の速度を向上させるため、新しいPCの購入を検討している」とのご相談をいただきました。

ご希望の条件としては、高クロックのCore i7、メモリ速度の高いもの、64bit対応で…とのこと。

検討の結果、長時間の計算ではECCメモリが使えるXeonの方が望ましいため、Core i7仕様とXeon仕様の2種類をご提案しました。

メモリについては速度面では4枚構成とするのがベストなため、 16GB(4GB×4)と32GB(8GB×4)の2種類をご提案しました。

最終的に、計算の規模がそれなりに大きいことから、ECCメモリを利用できるXeon構成をご注文いただきました。
特長
お問い合わせ
事例追加日:2013/05
参考価格:
¥910,000-
提案事例
case_centurion52
autodesk_logo
特長
100万円のご予算でCAE 有限要素法解析および3D CADソフト用マシンのお問い合わせを頂きました。CPUに8コアのXeon E5を、メモリは大容量128GBを搭載し、グラフィックボードは3D CAD用にQuadro 2000を採用。また提示いただいたご予算に余裕がありましたので、ストレージを512GB SSD(OS用)と4TB HDD(データ用)の2台構成としました。さらに、保証期間を5年に延長しています。
お問い合わせ
事例追加日:2013/02
参考価格:
¥212,000
提案事例
case_centurion52
nvidia_logo
特長
CAEソフトウェアを利用して3次元シミュレーションを行うため、20万円程度でPCを提案して欲しいとのご要望で提案した事例です。性能よりもご予算に収めることを優先して設計していますが、2CPUで合計8コア、8GBのメモリ、Quadro 600搭載などなどそれなりの性能を持たせました。
お問い合わせ
事例No. PC-SPE019
事例追加日:2011/05
参考価格:
¥357,000-
提案事例
p183_s
hyperworks_logo
特長
製品設計のための強力なCAEソフトウェア「HyperWorks」(4コアライセンス)向けマシンの例です。プロセッサは,4コアのCore i7を搭載しています。メインメモリはお客様のご希望により,24GBとしました。
お問い合わせ