ご利用の流れ

FAQ

お客様の声

取引実績

サポート

お問い合わせ

 テガラ運営サイト
生情報ブログ
HOME > 実験、開発用PC
実験、開発用PC 提案事例一覧
テガラがお客様に構成を提案した事例です。 こちらで紹介しているのはあくまで一例であり、ノウハウを活かしたさまざまな仕様のPCを製作できます。ぜひお客様の「こんなPCは製作できないか?」というご要望をお聞かせください。1台から販売いたします。

お問い合わせは右上の「お問い合わせフォーム」 ボタンよりどうぞ。掲載されている事例と全く同じ仕様で製作可能かどうかはお問い合わせください。評価機や試作機のご相談もお気軽に。

お問い合わせからご注文、納品までの流れはご利用の流れをご覧ください。
取引実績お客様の声もご覧いただけましたら幸いです。

※各事例の掲載内容は、提案当時のものとなります。
使用する部材の供給状況によっては現在では提供が難しいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。
また、参考価格は提案当時の「送料込み・税別」の価格です。
そのため、ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、予めご了承ください。


事例追加日:2016/07/19
参考価格:
¥9,500,000-
お客さまからのご相談内容:
ディープラーニング用途のワークステーションを希望。CPUはXeon E5-2697v3 (2.60GHz 14コア) x2、GPUはTESLA K80を8基、メモリ・SSDは予算内に収まる形で。

テガラからのご提案:
ご指定に沿ったお見積りとなります。CPUはご指定がありましたのでv3としておりますが、v4での提供ももちろん可能です。消費電力の関係上、電源の供給は200V-240Vで4本必要です。なおストレージ増設の場合は2.5"スロットでの対応となります。

主な仕様:
Xeon E5-2697v3 x2 (2.60GHz 14コアx2) / メモリ256GB ECC LR-DIMM / 1.2TB SSD S-ATA / GigabitLAN x2 / 4Uラックマウント筐体 +1600Wリダンダント電源 x2 (合計3200W) / TESLA K80 x8 +GPU搭載用オプションキット / CentOS 7 64Bit / 「あんしん+」5年保証
418GTS-R3200B_120
tesla_k80_120
特長
icon_centos
icon_xeon
icon_manycore
icon_ecc_memory
icon_mass memory
icon_gpgpu
お問い合わせ
事例追加日:2016/05/26
参考価格:
¥1,523,000-
お客さまからのご相談内容:
次世代シーケンサーの解析コンピュータ導入を検討しており、スペックとしては、32コア以上、メモリ128GB、RAID5で大容量のデータ領域、OSはLinux。UPSとモニタを指定のもので。2年保証を付けて欲しい。予算は200万以下。

テガラからのご提案:
ご指定のスペックをたたき台とし、ご予算に沿って適切な構成となるよう、調整させていただきました。UPSは当初、一般向けのUPSをご指定でしたが、解析用の連続稼働を要するマシンのため、サーバーグレードのUPSで提案させていただきました。

主な仕様:
Xeon E5-2695v4 (2.10GHz 18コア) x2 / メモリ128GB (ECC REG) / 480GB SSD (システム) / 4TB HDD x3 (RAID5) / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー型筐体 + 850W電源 / Quadro K620 / CentOS / UPS (ラインインタラクティブ型) / 液晶モニタ /「あんしん+」 2年保証
cs_w43
centos_black
特長
icon_centos
icon_xeon
icon_manycore
icon_raid
icon_mass memory
icon_ecc_reg_memory
お問い合わせ
事例追加日:2016/04/15
参考価格:
¥3,362,000-
三次元熱流体シミュレーション用マシンとして、予算取りのたたき台お見積りを提示させていただきました。
具体的には、300万前後の構成を2台 (税抜合計700万以内)のお見積りです。物理コア数は合計36コア、メモリ容量は512GBと、できるだけ多く搭載し、OSはRedHat Enterprise Linux WSとしております。さらに8TBの大容量HDDをRAID10で構築し、スペアを持たせた構成としております。電源ユニットは冗長構成となります。

現時点でビデオカードの性能は重視しないとのことでしたが、必要に応じてビデオカードの変更は可能です。

主な仕様:
Xeon E5-2699v3 (2.30Hz(TB 3.6GHz) 18コア) x2 / メモリ512GB (ECC LR-DIMM) / 8TB S-ATA HDD x6 (RAID10 / 2台スペア設定) / HD6450 / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー筐体 + 1200W リダンダント電源 / RHEL Workstation Standard 1-2sockets Up to 1guest 3year
745TQ-R1200B
cfd_image
特長
icon_redhat
icon_xeon
icon_manycore
icon_raid10
icon_redundant_ps
icon_mass memory
お問い合わせ
事例追加日:2016/03/24
参考価格:
¥2,600,000-
予算申請用として、300万クラスのマシン2種のたたき台を提案させていただきました。こちらはパターン2の「並列計算特化モデル」になります。 (パターン1はこちら)
細かいパーツの指定がありましたが、最終的には弊社にて組み合わせの整合性がとれたもの、コストパフォーマンスに優れたものでの提案とさせていただきました。

こちらの仕様に関しては、数値計算専用といういうことで、パターン1 に比べ、CPUコア数に比重を置き、並列計算に特化した構成としております。GPUはQuadro、ストレージはIntel DCシリーズSSD +拡張RAIDコントローラーによるRAID10構成としております。

主な仕様:
Xeon E5-2699v3 (2.30GHz 18コア) x2 / メモリ256GB (ECC+REG) / 480GB Intel DC SSD x4 (RAID10) / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー筐体 + 1400W電源 / CentOS 64Bit / Quadro K620 +内部追加クーリングFAN
747TG-R1400B-SQ
pc_3909b
特長
icon_tower
icon_ecc_reg_memory
icon_mass memory
icon_raid
icon_ssd
icon_gpgpu
お問い合わせ
事例追加日:2016/03/09
参考価格:
¥739,000-
お客さまからのご相談内容:
モンテカルロシミュレーション用の計算用マシンを検討。 今現在使用しているマシンに対して、性能が向上するものを提案してほしい。なお、メモリ分散型並列計算を行うことを視野に入れている。HDDは1TB程度でOK。

テガラからのご提案:
メモリ分散型並列計算である程度以上の効率で計算できることを前提として、提案いたしました。並列計算が有効でない計算については遅くなる可能性もあることを注意の上、検討をお願いしております。主に計算用ということで、ビデオ性能は高くありません。

主な仕様:
Xeon E5-2650v3 (2.30GHz (TB 3.00GHz) 10コア)x2 / メモリ64GB (ECC+REG) / 1TB ニアラインHDD / GigabitLAN x2 / HD6450 /タワー筐体 + 850W電源 / Windows 10 Professional 64Bit
IW-PL052
pc_3861_img2
特長
icon_win10
icon_xeon
icon_20core
icon_nearline_hdd
icon_ecc_reg_memory
icon_mass memory
お問い合わせ
事例追加日:2016/03/01
参考価格:
¥1,080,000-
お客さまからのご相談内容:
事例PC-3794をベースに、ディスク容量、OSを変更したうえで、TITAN X 4way 可能な構成の提案を希望。

テガラからのご提案:
ご要望により、Core i7 WSタイプをベースに、Geforce TITAN X を複数搭載可能な構成へリメイク提案させていただきました。今回は予算との兼ね合いで3枚仕様としておりますが、理論上は4枚搭載も対応できる構成です。 OSをWindowsからLinuxに変更し、ディスク容量を変更しております。 なお、この事例はPCI-Eスロットへの拡張カード追加は考慮しておりませんのでご注意ください。

主な仕様:
Core i7 5960X (3.00GHz 8コア) / メモリ64GB / 480GB SSD / 4TB HDD x2 / DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / キューブ型筐体 + 1500W電源 / Geforce TITAN X x3 / Ubuntu 64bit
corsair_carbide_air_540
titan_x_3
特長
icon_ubuntu
icon_corei7
icon_8core
icon_ssd
icon_mass memory
icon_gpgpu
お問い合わせ
事例No. PC-3794
事例追加日:2016/03/01
参考価格:
¥769,000-
お客さまからのご相談内容:
高精度シミュレーション、VRの構築を目的としたPCを導入したい。 MATLABのParallelComputingToolboxを使ったGPUによる高速化、HDL Coderを使ったFPGAによる高速化を検討。

テガラからのご提案:
ご要望により、Geforce TITAN X を搭載したCore i7ベースのWSタイプで提案させていただきました。メモリはCore i7クラスではIntel指定容量最大の64GBとなります。TITAN XのSLI構成もご希望としてございましたが、 ご利用いただくFPGAボードとの物理的な干渉等の可能性もあり、 今回は試作的にお試しいただくことを提案させていただいております。

主な仕様:
Core i7 5960X (3.00GHz 8コア) / メモリ64GB / 960GB SSD / 2TB HDD / DVDスーパーマルチ / Geforce TITAN X / GigabitLAN x1 / ミドルタワー筐体 + 1000W電源 / Windows 7 Professional 64Bit / Geforce TITAN X x1追加 (別納品)
Define_r51
titan_x
特長
icon_win7
icon_corei7
icon_8core
icon_ssd
icon_mass memory
icon_gpgpu
お問い合わせ
事例追加日:2015/11/23
参考価格:
¥2,880,000-
お客さまからのご相談内容:
予算は300万円前後で、Windows7を搭載したハイスペックなワークステーションを用意したい。4-Way SLIに対応した構成を希望。

テガラからのご提案:
ご予算・ご希望に合わせた構成でお見積もりしました。 高クロックXeon2基、GTX 980Ti2枚、Tesla K40M2枚を搭載した仕様となっております。※当構成は消費電力の関係で200V-240V電源環境が必要となりますのでご注意ください。

主な仕様:
Xeon E5-2643v3 (3.40GHz 6コア x2) / メモリ64GB ECC-REG / SSD 256GB / HDD 4TB / GigabitLAN x2 / タワー筐体 (1620W) リダンダント電源 / GeForce GTX980Ti x2 / Tesla K40M x2 / Windows7 Pro SP1 64bit
747BTQ-R2K04B
3549_sli
特長
icon_win7
icon_xeon
icon_12core
icon_sli
icon_tower
お問い合わせ
事例追加日:2015/10/01
参考価格:
¥200,000-
お客さまからのご相談内容:
Scientific Linuxを動作させることが可能なワークステーションのご相談。低予算でできるだけ高性能なものを。

テガラからのご提案:
CD-2314の現行版「予算20万円」の提案事例です。 コストパフォーマンスを重視し、Core i7を搭載したモデルとなります。メモリは一般的なNon-ECCメモリになりますので、エラー訂正機能はございません。小規模な計算に向いた構成となります。 OSはScientific Linux 7.1をプリインストールしております。RHELがベースとなっており高エネルギー物理学分野等において世界各地の研究機関で利用されています。
→Scientific Linux 搭載PC 提案事例一覧

主な仕様:
Core i7 5820K (3.30GHz 6コア) / メモリ16GB / HDD 500GB / GigabitLAN x1 / ミドルタワー筐体+630W電源 / HD6450 1GB / Scientific Linux 7.1 64bit
Define_r5
scientificlinux_logo
特長
icon_slc
icon_corei7
icon_6core
icon_quiet
お問い合わせ
事例追加日:2015/10/01
参考価格:
¥430,000-
お客さまからのご相談内容:
予算40~50万円程度でScientific Linuxを動作させることが可能なワークステーションのご相談。

テガラからのご提案:
CD-2314の現行版の提案事例です。 CD-2314より静音性に優れた筐体を採用しております。 RADICベースでコア数を優先した構成とし、OSはScientific Linux 7.1をプリインストールしております。RHELがベースとなっており高エネルギー物理学分野等において世界各地の研究機関で利用されています。

→Scientific Linux 搭載PC 提案事例一覧

主な仕様:
Xeon E5-1660v3 (3.00GHz 8コア) /メモリ32GB(ECC REG) / HDD 2TB / GigabitLAN x2/ ミドルタワー筐体+630W電源 /Quadro K620 /Scientific Linux 7.1 64bit
Define_r5
scientificlinux_logo
特長
icon_slc
icon_xeon
icon_8core
icon_quiet
お問い合わせ
テガラ社製高性能ワークステーションRADICの構成をベースとした事例です。こちらの事例の仕様は事例追加日当時のものですが、最新の構成はRADICの紹介ページでご確認いただけます。

RADICの詳細・最新仕様についてはこちら (1CPUモデル)