ご利用の流れ

FAQ

お客様の声

取引実績

サポート

お問い合わせ

 テガラ運営サイト
生情報ブログ
HOME > 大容量メモリ搭載PC
大容量メモリ搭載PC 提案事例一覧
搭載メモリ容量別に絞り込んで事例をご覧になる場合はこちら






テガラがお客様に構成を提案した事例です。 こちらで紹介しているのはあくまで一例であり、ノウハウを活かしたさまざまな仕様のPCを製作できます。ぜひお客様の「こんなPCは製作できないか?」というご要望をお聞かせください。1台から販売いたします。

お問い合わせは右上の「お問い合わせフォーム」 ボタンよりどうぞ。掲載されている事例と全く同じ仕様で製作可能かどうかはお問い合わせください。評価機や試作機のご相談もお気軽に。

お問い合わせからご注文、納品までの流れはご利用の流れをご覧ください。
取引実績お客様の声もご覧いただけましたら幸いです。

※各事例の掲載内容は、提案当時のものとなります。
使用する部材の供給状況によっては現在では提供が難しいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。
また、参考価格は提案当時の「送料込み・税別」の価格です。
そのため、ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、予めご了承ください。


事例追加日:2017/7/24
参考価格:
¥1,347,000-
お客さまからのご相談内容:
UAVで撮影した画像、1枚30MB~40MB程度のデータの処理を行っている。Agisoft PhotoScan、Pix4d 向け PC (PC-4934)をベースに予算150万程度で構成を検討したい。


テガラからのご提案:
ご連絡いただいた容量、画素数から、ベースの仕様の3倍程度のメモリが必要になることも想定し、CPUをXeonへ変更、メモリを256GBとした仕様でご提案させていただきました。保証年数は搭載しているビデオカードがコンシューマ向けという性質上、3年を上限とさせていただいております。

主な仕様:
Xeon E5-2687w v4 (3.0GHz 12コア) / メモリ 256GB ECC REG / SSD 500GB (S-ATA) / HDD 4TB / GigabitLAN x 2 / Geforce GTX 1080Tix2 / ミドルタワー筐体+850W / Windows 10 Pro 64bit / モニタ無し / 「あんしん+」 3年保証
Define_r5
photoscan_pc_icon
特長
icon_win10
icon_xeon
icon_12core
icon_mass memory
icon_ecc_reg_memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2017/7/6
参考価格:
¥865,000-
お客さまからのご相談内容:
予算100万程度をターゲットに、Agisoft PhotoScan、Pix4dを快適に利用できるPCを検討している。UAVで撮影した画像1000枚程度を取扱う。3年保証希望。

テガラからのご提案:
取り扱う画像が高解像度であることも考慮し、ソフトウェアメーカーの推奨メモリ容量よりも、余裕を持たせております。 どちらのソフトもCPUクロックも重要になり、Xeon 2CPUも考えられましたが、予算、コストパフォーマンスの兼ね合いでCore i7の構成となりました。 GPUは速度アップが期待できる場面があるため、Geforce上位クラスのモデルを選定しております。

主な仕様:
Core i7 6900K (3.2GHz 8コア) / メモリ 128GB / M.2 SSD 512GB / HDD 4TB / GigabitLAN / Geforce GTX 1080Tix2 / ミドルタワー筐体+850W / Windows 10 Pro 64bit / 28型ワイド液晶 / 「あんしん+」 3年保証
Define_r5
photoscanlogo
特長
icon_win10
icon_corei7
icon_8core
icon_mass memory
icon_gpgpu
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2017/4/25
参考価格:
¥1,156,000-
NVIDIA CUDA Toolkit/DIGITS インストール済 ディープラーニングワークステーション 基本構成へ搭載できる現行最上位のCPUに変更、搭載メモリ量は最大とし、TITAN Xpを3枚搭載した構成例です。

Core i7 系モデルでは性能としては現状最上位となり、オールマイティにご利用いただけます。GPGPUコストパフォーマンスの高いTITAN Xpを複数搭載することで更なるGPGPU処理性能の向上が期待できます (最大で4枚までの搭載が可能、GeForce 1080での複数枚構成も可能です)。
この事例はPCI-Eスロットへの拡張カード追加は考慮しておりませんのでご注意ください。

主な仕様:
Core i7 6950X (3.00GHz 10コア) / メモリ 128GB / HDD 1TB / GigabitLAN x2 / NVIDIA TITAN Xp 12GB x3 / キューブ筐体+1500W / Ubuntu 14.04 (NVIDIA CUDA Toolkit/DIGITS インストール済)
air540
titan_x_3
特長
icon_ubuntu
icon_corei7
icon_manycore
icon_gpgpu
icon_mass memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例No. PC-4286
事例追加日:2016/11/18
参考価格:
¥5,940,000-
お客さまからのご相談内容:
64コア搭載の並列計算機を検討したい。主にGeant4を使用したシミュレーション用途。ストレージは10TBほど搭載予定。別途、MPI (Message Passing Interface) をインストール希望。

テガラからのご提案:
ご指定の64コア (4CPU) 構成にて提案いたしました。メモリは速度と流通状況のバランスで128GBとしております。ストレージディスクに関しましては、将来的にこれ以上の増設を物理的に検討される場合は、カードや筐体の変更が必要となる可能性がございますので、ご注意ください。

主な仕様:
Xeon E5-4660v4 (2.2GHz 16コア)x4 / メモリ 128GB ECC REG / システム:SSD 800Gx2 (RAID1) データ:10TB (RAID5) ハードウェアRAID SAS 3108 / GigabitLAN x4 / 2Uラックマウント筐体+1000W リダンダント電源 / Scientific Linux 7 / 「あんしん+」 5年保証
cse-218u-r1k02p
pc-4286_img
特長
icon_slc
icon_xeon
icon_manycore
icon_raid
icon_mass-memory
icon_redundant_ps
お問い合わせ
テガラ社製高性能ワークステーションRADICの構成をベースとした事例です。こちらの事例の仕様は事例追加日当時のものですが、最新の構成はRADICの紹介ページでご確認いただけます。

RADICの詳細・最新仕様についてはこちら (4CPUモデル)
事例No. PC-4290
事例追加日:2016/11/11
参考価格:
¥3,027,000-
お客さまからのご相談内容:
64コアの計算サーバーで、メモリ256GB、HDD 8TB程度のマシンを検討している。Scientific Linuxで稼働することを想定。4CPUと2CPU x2 でどちらがコストに優れるか相談したい。

テガラからのご提案:
4CPU、物理64コア仕様でのたたき台お見積りとなります。
※4CPUと2CPUのマシン2台でどちらがコストパフォーマンスが良いかにつきましては、PC本体のみで見た場合は、2CPUを2台の方がコストパフォーマンスが良いでしょうが、2台のマシンをクラスタ運用する構築費用や、ノード間の通信をどのように行うか等の運用方法にもよります。ご相談ください。

主な仕様:
Xeon E7-4850v4 (2.1GHz 16コア)x4 / メモリ 256GB ECC REG / システム: HDD 1TB + データ: HDD 8TB / GigabitLAN x2 / 2Uラックマウント筐体+1400W リダンダント電源 / Scientific Linux 7
828tq_r1k43lpb
pc-4290_img1
特長
icon_slc
icon_xeon
icon_manycore
icon_ecc_reg_memory
icon_mass-memory
icon_redundant_ps
お問い合わせ
事例追加日:2016/11/02
参考価格:
¥2,200,000-
お客さまからのご相談内容:
予算300万程度で出来るだけコア数が多いマシンを検討している。 4CPUと2CPUで検討したい。ゆくゆく、大容量のメモリを要する計算をする可能性も考慮し、後でメモリを増設できる拡張性も望む。システムドライブはSSD、データドライブは2TB以上のHDD希望。

テガラからのご提案:
Windows 10で対応できる2CPU構成で最もコア数が多い構成となります。メモリ最大値は1TBになります (現在のモジュールを外して64GBにする必要がございます)。論理コア数が64コアを超えるので、利用ソフトのプロセッサグループの対応についてはご注意ください。

主な仕様:
Xeon E5-2699v4 (2.2GHz 22コア)x2 / メモリ 256GB ECC LR-DIMM / SSD 1.2TB (PCI-E) +HDD 4TB / GigabitLAN x2 / NVIDIA Quadro M2000 / 4Uタワー筐体+865W リダンダント電源 / Windows 10 Pro
743tq-865b
ode_icon
特長
icon_win10
icon_xeon
icon_manycore
icon_pci-e_ssd
icon_mass-memory
icon_redundant_ps
お問い合わせ
事例追加日:2016/11/02
参考価格:
¥2,800,000-
お客さまからのご相談内容:
予算300万程度で出来るだけコア数が多いマシンを検討している。 4CPUと2CPUで検討したい。ゆくゆく、大容量のメモリを要する計算をする可能性も考慮し、後でメモリを増設できる拡張性も望む。システムドライブはSSD、データドライブは2TB以上のHDD希望。

テガラからのご提案:
OSがWindows指定でしたので、4CPUの場合、Windows Serverが必要となり、ラックマウントタイプの筐体でのご提供となります。論理コア数が64コアを超えるので、利用ソフトのプロセッサグループの対応についてはご注意ください。

主な仕様:
Xeon E5-4640v4 (2.1GHz 12コア)x4 / メモリ 128GB ECC REG / SSD 800GB +HDD 4TB / GigabitLAN x4 / 2Uラックマウント筐体+1000W リダンダント電源 / Windows Server 2012 R2 STDx2
218u_r1k02p
ode_icon
特長
icon_winserver
icon_xeon
icon_manycore
icon_mass-memory
icon_rackmount
icon_redundant_ps
お問い合わせ
事例追加日:2016/10/11
参考価格:
¥300,000-
お客さまからのご相談内容:
SolidWorks Flow Simulationにて流体解析 (内部流れ) を行っているが、現行のスペックでは流線をアニメーションで見ることができない。予算30万程度で適したマシンを検討したい。また、メッシュの数を増やしての解析をしたい (300万メッシュ希望)。

テガラからのご提案:
たたき台として予算を前提としてスペックを割り振り、ご提案させていただきました。メッシュ数や動作的に、メモリが足りていないと思われたため、余裕をもって64GBといたしました。また、ビデオカードに関しましては、予算的にOpenGL対応のローエンドカードとしております。

主な仕様:
Core i7 6850K (3.60GHz 6コア) / メモリ 64GB / HDD 1TB / GigabitLAN / ミドルタワー筐体+650W電源 / Quadro K620 / Windows 10 Pro 64bit
define_r5-2
4252_icon
特長
icon_win10
icon_corei7
icon_6core
icon_mass-memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2016/09/23
参考価格:
¥952,000-
お客さまからのご相談内容:
予算100万程度で熱流体解析ソルバSTAR-CCM+、MATLAB等を動かすことを主目的とした計算サーバーを検討したい。 CPUはクロックか、並列かどちらを優先するか迷っている。ビデオカードは解析格子1000万弱の解析結果をある程度滑らかに処理できるものを希望。

テガラからのご提案:
CFD解析系のソフトに関しては並列に特化したものがほとんどのため、選択するCPUのコア数の差が少ない場合はクロック重視という選択もありかと思いますが、コア数の差が大きくなる場合はコア数重視が望ましいと考えます。そのため、予算内で出来るだけコア数の多くなる仕様でご提案いたしました。

主な仕様:
Xeon E5-2680v4 (2.40GHz 14コア) x2 (合計28コア) / メモリ 64GB ECC REG / HDD 1TB / GigabitLAN x2 / タワー筐体+850W電源 / Quadro M2000 / OS無し (CentOS 想定)
iw-pl052
cfd_image
特長
icon_centos
icon_xeon
icon_manycore
icon_nearline_hdd
icon_ecc_reg_memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2016/09/07
参考価格:
¥2,791,000-
お客さまからのご相談内容:
メモリ1TBを搭載した科学技術計算マシンが実現可能かどうか。予算250万円程度を想定。Linuxセットアップ済みで、8並列以上の並列化に対応していることを希望。

テガラからのご提案:
RADIC 2CPUモデルをベースに、1TBのメモリを搭載した構成をご提案させていただきました。まずはメモリ1TBが実現可能というところから、メモリ以外のスペックについて調整させていただいています。

類似事例→大容量メモリ搭載PC 提案事例一覧

主な仕様:
Xeon E5-2620v4 x2 (2.10GHz) 8コア x2 (合計16コア) / メモリ1TB ECC LR-DIMM / 1TB HDD S-ATA / GigabitLAN x2 / タワー筐体+ 865W / HD6450 / CentOS 7 64bit
743TQ-865B
centos_black
特長
icon_centos
icon_xeon
icon_16core
icon_ecc_memory
icon_mass memory
icon_specialty
お問い合わせ
テガラ社製高性能ワークステーションRADICの構成をベースとした事例です。こちらの事例の仕様は事例追加日当時のものですが、最新の構成はRADICの紹介ページでご確認いただけます。

RADICの詳細・最新仕様についてはこちら (2CPUモデル)