ご利用の流れ

FAQ

お客様の声

取引実績

サポート

お問い合わせ

 テガラ運営サイト
生情報ブログ
HOME > 次世代シーケンサーを用いた解析用PC
次世代シーケンサーを用いた解析用PC 提案事例一覧
テガラがお客様に構成を提案した事例です。 こちらで紹介しているのはあくまで一例であり、ノウハウを活かしたさまざまな仕様のPCを製作できます。ぜひお客様の「こんなPCは製作できないか?」というご要望をお聞かせください。1台から販売いたします。

お問い合わせは右上の「お問い合わせフォーム」 ボタンよりどうぞ。掲載されている事例と全く同じ仕様で製作可能かどうかはお問い合わせください。評価機や試作機のご相談もお気軽に。

お問い合わせからご注文、納品までの流れはご利用の流れをご覧ください。
取引実績お客様の声もご覧いただけましたら幸いです。

※各事例の掲載内容は、提案当時のものとなります。
使用する部材の供給状況によっては現在では提供が難しいものや、部材を変更してのご提案となる場合がございます。
また、参考価格は提案当時の「送料込み・税別」の価格です。
そのため、ご相談時期によっては価格が異なる場合がございますので、予めご了承ください。


事例追加日:2017/11/18
参考価格:
¥902,000-
お客さまからのご相談内容:
次世代シークエンス用の解析ソフト、CLC Genomics Workbenchを動かすPCの購入を検討している。ソフトウェアプレインストールのマシンも販売されているが、単体で100万の予算で用途に適した仕様を検討したい。

テガラからのご提案:
ご指定のXeonをベースに、予算の範囲でできるだけ高性能な仕様としております。搭載メモリは1CPUあたり6枚が速度としてはベストですが、予算の都合と今回の構成では速度面への影響は少ないであろうことから、1CPUあたり3枚構成としております。

主な仕様:
Xeon Silver 4116 (2.1GHz 12コア) x2 (合計24コア) / メモリ 96GB ECC REG / M.2 SSD 512GB+HDD 8TB (SATA) / GigabitLANx2 / Quadro P600 / タワー筐体+850W / Windows 10 Pro 64bit / 23.8型ワイドディスプレイ
IW-PL052
clc_genomics_workbench
特長
icon_win10
icon_xeon
icon_24core
icon_ssd
icon_ecc_reg_memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例No. PC-4975
事例追加日:2017/7/12
参考価格:
¥203,000-
お客さまからのご相談内容:
DNA解析装置 (Nanopore製)を動かすマシンを検討している。予算20~30万円以内でXeonを搭載し、バランスの取れた構成を提案してほしい。OSはUbuntu14.04を指定。


テガラからのご提案:
CPUがXeonとのご指定がございましたので、30万に収まるよう構成を調整いたしました。 ビデオ出力は特にご指定がございませんでしたのでオンボードビデオとしております。アナログ出力はございませんのでご注意ください。

主な仕様:
Xeon E3-1245v5 (3.5GHz 4コア) / メモリ 16GB ECC / 1TB SSD / GigabitLAN x2 / オンボードビデオ / ミニタワー筐体+400W / Ubuntu 14.04
z638b
nanopore_logo
特長
icon_ubuntu
icon_xeon
icon_4core
icon_ssd
icon_ecc_memory
icon_specialty
お問い合わせ
事例追加日:2016/05/26
参考価格:
¥1,523,000-
お客さまからのご相談内容:
次世代シーケンサーの解析コンピュータ導入を検討しており、スペックとしては、32コア以上、メモリ128GB、RAID5で大容量のデータ領域、OSはLinux。UPSとモニタを指定のもので。2年保証を付けて欲しい。予算は200万以下。

テガラからのご提案:
ご指定のスペックをたたき台とし、ご予算に沿って適切な構成となるよう、調整させていただきました。UPSは当初、一般向けのUPSをご指定でしたが、解析用の連続稼働を要するマシンのため、サーバーグレードのUPSで提案させていただきました。

主な仕様:
Xeon E5-2695v4 (2.10GHz 18コア) x2 / メモリ128GB (ECC REG) / 480GB SSD (システム) / 4TB HDD x3 (RAID5) / MegaRAID (ハードウェアRAIDカード) / DVDスーパーマルチ / GigabitLAN x2 / タワー型筐体 + 850W電源 / Quadro K620 / CentOS / UPS (ラインインタラクティブ型) / 液晶モニタ /「あんしん+」 2年保証
cs_w43
centos_black
特長
icon_centos
icon_xeon
icon_manycore
icon_raid
icon_mass memory
icon_ecc_reg_memory
お問い合わせ
事例追加日:2015/07/16
参考価格:
¥935,000-
お客さまからのご相談内容:
次世代シーケンサーのデータ解析用のワークステーションを検討。 De novo assemblyができる仕様のもの。主な条件としては、プロセッサー12コア以上/128GB RAM/HDD2TB以上を希望。PC-2313を参考にしている。

テガラからのご提案:
提案事例NO.PC-2313をベースとした現行の仕様でのご提案をいたしました。

→次世代シーケンサーを用いた解析用PC 提案事例一覧

主な仕様:
Xeon E5-2640v3(2.60GHz TB時3.40GHz 8コア*2)/ メモリ128GB/ HDD 4TB/ GigabitLAN x2/ ミドルタワー筐体+900W/ Radeon HD6450/ Windows 7 Professional 64bit
903B
特長
icon_win7
icon_xeon
icon_8core
お問い合わせ
事例追加日:2015/07/16
参考価格:
¥361,000-
お客さまからのご相談内容:
次世代シーケンサーMiseqによる解析データの二次解析に用いるマシンのご要望。bowtieやRなどを用いたQC、マッピング、RNA-seq解析、ChIP-seq解析を予定。並列解析も想定しているため、コア数は多いほうが良い。予算は40万程度。

テガラからのご提案:
現行でCore i7の最上位モデルの仕様(8コア)としました。 さらにコア数を増やす場合は予算オーバーとなりますが、Xeonの選択肢もございます。OSはご要望により、Windows OSとしております。同金額でWin8.1への変更も可能です。

→次世代シーケンサーを用いた解析用PC 提案事例一覧

主な仕様:
Core i7 5960X(3.00GHz8コア)/メモリ32GB/HDD 1TB/ GigabitLAN x1/ミドルタワー筐体+600W/Radeon HD6450/ Windows 7 Professional 64bit
652S
特長
icon_win7
icon_corei7
icon_8core
お問い合わせ
事例追加日:2015/07/16
参考価格:
¥419,000-
お客さまからのご相談内容:
次世代シーケンサーのデータ解析用のワークステーションを検討。 16Sと18Sの解析だけできる最低限のスペックのもの。事例No. PC-2313に近いものを希望。

テガラからのご提案:
提案事例NO.PC-2313をベースとした現行の仕様でのご提案をいたしました。

→次世代シーケンサーを用いた解析用PC 提案事例一覧

主な仕様:
Xeon E5-2620v3(2.40GHz TB時3.20GHz 6コア*2)/メモリ32GB/HDD 1TB/ GigabitLAN x2/ミドルタワー筐体+900W/Radeon HD6450/ Windows 7 Professional 64bit
903B
特長
icon_win7
icon_xeon
icon_6core
お問い合わせ
事例追加日:2013/12/3
参考価格:
¥650,000-
「次世代シーケンサーを用いたエクソーム解析のため、スペックの高いPCが必要」とのご相談を頂きました。CPUは16コアでメモリは1コアあたり2GB以上(32GB)、HDDは5TB、OSはUbuntuを使用予定…と詳細にご指定いただきました。

検討の結果、まずCPUはXeon E5-2650v2(2.6GHz、8コア)×2で16コアを実現することにしました。

さらにメモリですが、2CPUの場合は本来メモリ8枚とするのが性能的にベターですが、4GB×8枚よりも8GB×4枚とした方が数万円ほど安く済むため、今回は後者の構成としました。

HDDも現時点での1台あたりの最大容量である4TBにてご提案しました。

→次世代シーケンサーを用いた解析用PC 提案事例一覧
特長
お問い合わせ
事例追加日:2013/11/22
参考価格:
¥280,000-
「予算30万円程度で、GENETYX for Windowsを利用するための解析用PCを探している」とのお問い合わせをいただきました。用途としては次世代シーケンサーを用いたメタゲノム解析を行いたいとのことでした。

検討の結果、CPUには6コアのXeon E5-2420(1.9GHz 6コア)×2を選定しました(コア数を重視し、その分クロックは低い仕様としています)。 メモリについても安定性よりコストを重視し、ECC付きではなく8GBのUnbuffered ECCメモリを4枚搭載し合計32GBとしました。メモリのチャネル数も速度よりコスト重視の構成としています。

その他、グラフィックボードにはGeForce610、OSはWindows7 Pro 64bitをプリインストールしてご提案しました。構成によっては2CPUのXeonマシンもだいぶ安価に導入できるようになってきています。
→次世代シーケンサーを用いた解析用PC 提案事例一覧
特長
お問い合わせ